歯を白くする方法を知って、白く美しい歯を

ホワイトニングとは

歯科で行なっている歯を白くする方法の事を、ホワイトニングと言います。歯科に行けば歯を白くする方法を実践することが出来ます。
歯に付着している着色汚れを取る方法を、ブリーチングともいいます。ブリーチング、ホワイトニングという歯を白くする方法は、過酸化水素を使っている場合が多いです。
過酸化水素が分裂する際に、フリーラジカルと呼ばれるヒドロペルオキシドやヒドロラジカルが発生します。このヒドロペルオキシドやヒドロラジカルが歯の着色汚れに対して効果があります。
歯の着色汚れは、着色有機物が歯に固着することによって生じます。ヒドロラジカルやヒドロペルオキシドといったフリーラジカルは、着色有機物と歯の結合を切り分けるという効果があり、更に低分子化するという作用もあります。
それによって着色汚れが取れ、無色化します、着色汚れを無色化することで歯を白くすることできます。

他にも着色汚れを取る効果があると言われているのが、過酸化尿素です。過酸化尿素は、1960年代頃に口内の消毒剤として登場している成分です。
主に歯周病患者や、歯の矯正をしている方が口内の消毒をする際に用いられます。消毒をした際に、歯の象牙が白くなる効果が発見されました。それ以来、歯を白くする方法として過酸化尿素が用いられています。
現在歯科で行なっているホワイトニングは、この過酸化水素が入った過酸化水素剤と、過酸化尿素が入った酸化尿素剤が使われています。

Copyright (c) 2015 歯を白くする方法を知って、白く美しい歯を all reserved.