歯を白くする方法を知って、白く美しい歯を

歯科医院で行なう治療

歯科で行なわれている歯を白くする方法は様々な物があります。代表的な歯を白くする方法が、オフィスホワイトニングです。
オフィスホワイトニングでは、歯科医院でホワイトニングを行なうという治療方法です。オフィスホワイトニングでは専用の薬剤と機器を使って歯を白くするための施術を行ないます。
まずは、歯の表面に付いている汚れをしっかり洗い流します。そして、現在の歯の色を確認して、どのくらいの白さにするのかを決めます。この時見本があるので医者との間にズレが生じることがありません。
その後、歯に器具を装着します。この器具は歯にホワイトニングの薬剤がつかないように保護する役割があります。

その後、歯にホワイトニングの薬剤を塗っていきます。酸化尿素剤を塗布するという方法が一般的です。
近年では、過酸化水素剤を塗布した上に、光を照射するという方法が主流になっています。過酸化水素は光に反応する性質があります。
光によって過酸化水素の分解を活性化させ、歯の着色汚れを無色化する効果を高めます。歯を白くする方法として、即効性が備わり患者の負担も減りました。
過酸化水素剤は、分解し終わると効果がなくなりますので、再び塗布して光を照射します。何度か繰り返すことによって歯が白くなります。
仕上げに歯を磨いて過酸化水素剤を落とせば、オフィスホワイトニング終了です。歯を白くする方法の中にも様々なものがありますが、手間がかからず手軽な点が人気を集めています。

Copyright (c) 2015 歯を白くする方法を知って、白く美しい歯を all reserved.